プロサイリン 情報サイト procylin.jp科研製薬株式会社
procylin.jp
CONTENTS
更新情報
開発の経緯
特徴
組成・性状
禁忌、効能・効果等
Drug Infomation 添付文書・インタビューフォーム、くすりのしおり
相互作用
患者指導用資材
主要文献
学会セミナー情報
血管雑音
Medicament News
Medicament News
適正にご使用いただくために
市販後の使用成績調査
プロサイリンQ&A
閉塞性動脈硬化症(ASO)情報サイト
学会セミナー情報
| 2014年 | 過去の学会セミナー情報 |
●2015年 共催セミナー
第56回日本脈管学会総会finish
[2015.10.29(木)〜31(土)]
第56回日本脈管学会総会
 イブニングセミナー1
日時: 2015/10/29(木) 17:30〜18:20
場所: 虎ノ門ヒルズフォーラム
「どうなるの? 血管外科−歴史から紐解くPADの最新治療−」
座長: 東海大学医学部 画像診断学 准教授
小泉 淳 先生
演者: 東京医科大学 心臓血管外科学分野 教授
西部 俊哉 先生
共催: 第56回日本脈管学会総会
科研製薬株式会社
第4回日本肺循環学会・第3回日本肺高血圧学会合同学術集会finish
[2015.10.03(土)・04(日)]
第4回日本肺循環学会・第3回日本肺高血圧学会合同学術集会
 教育セッション7
日時: 2015/10/04(日) 12:10〜13:10
場所: ステーションコンファレンス東京
「膠原病に合併する肺高血圧症の治療と実態」
座長: 日本医科大学大学院医学研究科アレルギー膠原病内科学分野 教授
桑名 正隆 先生
演者: 東京女子医科大学 リウマチ科 臨床教授
川口 鎮司 先生
共催: 第4回日本肺循環学会・第3回日本肺高血圧学会合同学術集会
科研製薬株式会社
第21回日本小児肺循環研究会finish
[2015.1.31(土)]
第21回日本小児肺循環研究会
 ランチョンセミナー
日時: 2015/1/31(土) 12:20〜13:45
場所: 笹川記念会館
「小児に対する肺高血圧症治療薬の臨床試験の問題点と展望」
座長: 大阪大学大学院医学系研究科小児科
小垣 滋豊 先生
演者: 東京都立小児総合医療センター循環器科
日本小児循環器学会 臨床試験委員会
三浦 大 先生
共催: 第21回日本小児肺循環研究会
科研製薬株式会社・東レ株式会社
●2014年 共催セミナー
第55回日本脈管学会総会finish
[2014.10.30(木)〜11.01(土)]
第55回日本脈管学会総会
 ランチョンセミナー5
日時: 2014/10/30(木) 12:10〜13:00
場所: 第5会場(2F 201会議室) 倉敷市芸文館
透析患者のPAD〜早期発見と治療戦略
座長: 愛知医科大学 血管外科 教授
石橋 宏之 先生
演者: 湘南鎌倉総合病院 副院長
日本フットケア学会 理事長
小林 修三 先生
第15回肺高血圧症治療談話会(旧肺高血圧治療研究会)finish
[2014.10.04(土)]
第15回肺高血圧症治療談話会(旧肺高血圧治療研究会)
日時: 2014/10/04(土) 14:00〜17:00
場所: 大手町サンケイプラザ 3F 「303-304」(第3会場)
■Keynote Lecture
座長:岡野 嘉明 先生(阪和第二泉北病院内科/京都大学医学部附属病院肺高血圧症外来)
「肺性心と肺高血圧症の現況と治療−共通認識の確立と将来的に解決を要する問題点−」
国枝 武義 先生(国際医療福祉大学臨床医学研究センター化学療法研究所附属病院循環器内科)

■各種疾患に関連する(associated)PAH(発表10分、ディスカッション10分)

■特発性及び薬物性PAH (発表10分、ディスカッション10分)

■3群、5群のPH(発表10分、ディスカッション10分)

第42回日本血管外科学会学術総会finish
[2014.05.21(水)〜05.23(金)]
第42回日本血管外科学会学術総会
 ランチョンセミナー(13)
日時: 2014/05/23(金) 12:00〜12:50
場所: 第6会場(ホテル青森 3階 はまなす西)
適正なPAD治療を目指して〜学会アンケートから見えてきたもの〜
座長: 名古屋大学大学院 医学系研究科 血管外科学 教授 
古森 公浩 先生
演者: 関西医科大学附属滝井病院 末梢血管外科 教授・血管内治療センター長 
駒井 宏好 先生
第20回日本小児肺循環研究会finish
[2014.2.1(土))]
日時: 2014/2/1(土) 10:00〜17:30
場所: 笹川記念会館
ページトップへ
科研製薬株式会社 プロサイリン 情報サイト procylin.jp